ねこねこ迷走(´・ω・`)

協調性のないえるる・ちまり・ふうかとの日々です。時々インコやうさぎも出ます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支離滅裂かと思います

読み返したら誤字も多くホントに支離滅裂ぽかった…(>_<)
気付いたとこだけちょこちょこ直しました


ちまが眠ってから半月以上過ぎました
さらっと報告だけでも更新と思ってもう3月ですよ


CIMG0179.jpg

飼い主は相変わらずずぼらでだらしないでちねー

CIMG0168.jpg

年明けて割と活発だったちまですが、2月9日に一泊入院し、翌晩帰宅
11日の午後2時40分頃に眠りにつきました

CIMG0074.jpg

マイペースで基本穏やか、好奇心いっぱいで意思が強かったように思います

CIMG0076.jpg

表情も豊かでした

猫SNSの頃からふたばでも、「ちまたん可愛いね」って沢山言ってもらってましたが
結構キリリとしたり男前だったと言うのが飼い主ともと同居人の感想です

ホント親バカですが (甘ったれのえるると比べるからなのか)賢い猫でした
治療開始してからは本気でちまと会話した気になっていて
その中で悲痛な声で呼びかけるのが辛かった

猫は我慢強いと言うけれど、ほんとそうだと思ったです
色々な経験談を読んで覚悟していたけど、かなり頑張ってくれたんだと思います
私にとって辛い姿を見せた時間は短かった

飼い主はちまが腎不全とか関係なく、何年も前から
「長生きできなくてもいいから苦しまないで終わらせたい」って言ってきた
それは主に骨瘤の悪化を懸念しての思いだったのだけれど
飼い主のわがままみたいな気持ちはきっと耳タコで
だから眠る前もかなりちまに気を遣わせたように感じてます

困ったことも色々してくれたけど
実は空気読める男だったのかな?

CIMG0334.jpg

2月頭まではまだなんとか食べてて
とにかく食べてくれるなら何でもいいと思って
好きな場所でどうぞって並べて
でも食欲ないのにお薬分は食べてくれてた( ;∀;)
6日までは薬も確実に飲んでくれた
セミントラも見せたらちゃんとお座りして口を開けた
いい子だったと思う

強制してまで食べさせたくないと言いつつ、拝み倒して食べてもらってたよね最期は
迷いながらキドナを注文したけど、結局chまがキドナを自力で飲むことは無かったです
(るるうかが飲みました・・・( ゚Д゚)

7日の受診で入院の話がでてでも迷って決めかねて
8日の夜勤中、二つの掲示板で相談というか弱音吐いて支えてもらった

他人にとやかく言われて傷ついたり反論するならweb上で流さないのが一番です
でもこうして自分と向き合うブログより、誰とは判らない人が多くても同じような経験をされた方達に吐き出すのがなんだか気持ちが落ち着いていました
ただ慰めてほしいのではなく、自分じゃない言葉に冷静になれたりするんです

9日の朝、夜勤から帰宅したら待ちかねたようにひと声ちまが鳴いて
私も泣き出し乍ら「病院行くよ、いい?」と叫んだりして( ;∀;)
返事のようにちまが鳴いておとなしくキャリーに収まった
結局どんなに迷っても自分は病院を頼ってしまうと思う
後悔すると感じても

翌夜、もと同居人が一緒に迎えに行ってくれた
ちまに会った時、どうして一泊させたんだろうとか、どうして昼間迎えに来なかったんだろうって呆然とした
入院で回復する子もいるからと思って連れてきたし、先生も尽くしてくれたけど
もう動けなくなったちまが、入院させたこと怒ってると思って辛かった

身体を硬直させ、瞬きもしなかったちまはそれでも車に乗ってから表情が和らいだ
帰宅しても毒素で辛そうながらも追視があったり、呼びかけにしっぽで応えたり
二人で「ちま、帰ってきてよかったね」って撫でた
深夜と早朝2回嘔吐して
そういえばこんな時の対処がわからないとぼんやり思って、せめてと半分点滴して仕事に出ましたよ…

ストレスとか疲労とか、結局話して早退させてもらったのでした
スタッフ不足なのに、快く送り出してくれたんです感謝しても足りない(>_<)
後日も皆「間に合ってよかった」って言ってくれたの

帰宅したら、留守中に痙攣したらしくちまのまわりに敷いたタオルや毛布が散乱してて
ちまはぴくりともしていなくて間に合わなかったと思った
そのうちうっすらと眼を開けたけど、もう私が認識できていたかわからない・・・
それから数回痙攣して
私が帰宅して1時間くらい経った頃眠りにつきました

前日も付き合ってくれたのに、連絡したらもと同居人・・・うさキックさんが来てくれると言ってくれて

ちょっと遅かったなと思ったら
お花とケーキをちまのために用意してくれていた
そんな考え及ばなかったわ(T_T)有難うね

CIMG0359_201502230049588a5.jpg

うさキックさんは一緒に暮らした6年間、もしかしたら・・・しなくても私よりちまとべったりだった
彼女の腕の中で寝てたことも多いちま
最期まで気にかけてもらえてよかったね・・・

痙攣でこわばったまま眠ったちまが怒っているような気になったのですが
濡れタオルで綺麗にしてブラシをかけて撫でているうちにどんどんまた穏やかな表情が戻ってきました

今まで人間は沢山看取ってきたけど猫は初めてで
次の日、陽に当たってねむるちまりは気持ちよさげでした
とても滑らかな手触りで・・・写真撮っとけばよかったね
カメラの中に納めてもよかったのに、何気にしちゃったのかとここでも後悔でした
ちまが緩やかに穏やかな顔になるから、すごくすごく救われたよ
救われたのにまだ泣いてばかりいるよ飼い主はバカだ


SomaCom413.jpg

ソマリ仲間に入れなかったちまのために、りんぽぽさんがちまにもカードを作ってくれていました
よかったねちま! すごい頑張ったんだよね(*´Д`)


ちまは13日に合同火葬でお願いしてきました
夜勤前だったんだけど、うさキックさんが一緒に行けるよと言ってくれたのでこの日にしました

飼い主、骨を大事に管理したりできないし、そもそもずぼらだからお骨もらわなかったです
人間の供養も疎かな私が遺骨を持って生きるのはおこがましい様に感じましたし
私に何かあったらそれこそどうなるかわからない…

・・・と思っていたのですが、
日が経つにつれ、ちま自身がいない場所にお花やごはんを置いていると、遺骨をそばに置く気持ちがわかるような気がしてきたのでした(T_T)
髭でも残せばよかったな・・・

お経だけあげて貰ったのですが…お別れ前にお願いしてよかったな
やっぱり必要な時間なんだなとまたぼろぼろ泣けましたがね。。。
お手製のおくるみに、カリカリとデコボールとお花入れました(T_T)
写真・・・撮っときゃよかたああああ(ノД`)・゜・。
うちの猫だもの、どんな姿だって残しておけばよかったです
最も痩せていく姿をリアルで感じるのは辛くて、少しでも元気な写真残そうとしたのが現実でもあります・・・・


途中で抑えきれなかったけど、ねこ板や虹裏でお悔やみくれた方々感謝してます
ホントに可愛がっててもらったと思ってる
ただ・・・中に混ざった悪質なのに我慢できなかったり
悪質にすらならないノリでやるひともいるだろうけど
ある程度好意をもってると感じられたコラは嬉しいです
上手く説明できてないけど、好意的な感情から関わってくれたなら幸せだと思います
ただタイミングではそれはとても傷つく言葉だったりはあるんです
私が発する言葉も多分傷つけているのでしょうが・・・












この記事のずっと下には眠った後のちまがいます
身体は見せていませんが、あまり気分の良いものではないと思いますので折りたたみます













同僚二人が連名でくれました( ;∀;)ありがとーびっくりしたよー

CIMG0526.jpg

ここりんこさんからも私への励ましいただきました
お心遣いがみに沁みます(T_T)

CIMG0525.jpg


アニコムからも・・・

CIMG0391.jpg



ちまは最初だけ毛布をかぶってましたが、どんどんおだやかになったので翌日はふつーに陽を浴びてました

CIMG0356.jpg

葬儀屋さんに行く前に、ソッコーでふかふかガーゼと猫がーぜでおくるみ????縫いました
ペット毛布ダメって言われて、薄手のバスタオルとかでくるむならって言われたので
綿100パーじゃないとダメっていうから・・・
うち生地なら沢山あるから


CIMG0370.jpg

ちま、中のガーゼ高かったから気持よかったでしょ?
あれ肌の弱い飼い主のためのおとっときだったんだよ(^_-)-☆
赤ちゃんの気持ちでふみふみしてくれたら嬉しい
キャットニップ入れ忘れたのが心残りだわ

*Comment

NoTitle 

ちまの髭、あるよ。
今度、持っていくね。
お経をあげてもらって、
あの後送って別れたでしょ?
その帰りに気付いたの。
私のブーツにちまの髭が刺さっていた・・・(^^;
ちまはわざと残したのかな?
多分、飼い主は無くすでち。
お前、持っていろでち。
飼い主が後悔し始めたら渡すでち。
と残してくれたと思う。
1本だけど、
ちゃんとちまの髭あるから。
  • posted by うさキック 
  • URL 
  • 2015.03/04 23:27分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.03/05 22:01分 
  • [Edit]

☆うさキックさん 

先にLINEで返事してるからアレなんだけど・・・
君のが大事にしてくれてそうだから持っててほしいわ
貰ったお花結構長くもってくれてたから、暫くそこにちまがいるつもりでお水替えたりカリカリ置いたりしてたんだよね
るるもまるだちまが居た時みたいに、ごはんの催促でわたしを見ながらわざとちまにちょっかいかけたように花に手を伸ばし乍ら「ごはん」ってやったりしてたし
しおれた花を片付けたらやっぱり「ちま」の憑代が必要な気がしてきたんだよね
それで髭でもって思った
めちゃめちゃ思ったんだけど
同時に生き物じゃないものを大事にできないから生きてるうちにいっぱい可愛がろうって(当たり前のことなんだが)思ってたわけで

というか
何でか私は自分が死んでしまったものに冷たいと信じてて
こうして打ってても鼻水すするくらいなんだけど
なんかどうしていいかわかんないんだわね・・・

NoTitle 

改めてちまくんのご冥福を心からお祈りします

ちまくん、本当に魅力的な子だよね。ごぜんさんちにお迎えされる前から、この子可愛いね〜ってしゃおさんとずっと言ってたのが昨日のことのように思えるのに...
お顔があどけなくてキュートだから、そういうキャラに思ってたけど、本当は思慮深くて、魂の位が高い猫ちゃんだったんだね。
ごぜんさんのこと包み込むような思いでそばに居てくれたんじゃないかなって思います。
今はたくさん泣いて泣いて...でも、なるべく早く、ちゃんと笑ってあげてね。ちまくんはきっとそれを望んでるから。
ちまくん、またみんなで必ず逢おうね!!ちまくんのこと絶対に忘れないからね!!

ごぜんさん、お仕事抱えながら、ちまくんの看護がんばってきて心身共にお疲れがたまってると思います。体調を崩さないよう、くれぐれもご自愛くださいね。
  • posted by りんぽぽ 
  • URL 
  • 2015.03/06 00:36分 
  • [Edit]

☆鍵コメさん 

ちまを愛してくれて有難うございます(*^-^*)
今年に入ってのちまの写真は辛くてあまり撮ってないですが、ブログに載せてない写真は沢山あるのでそのうち蔵出しちまちましていくかもです
もともと更新少ないですからあてにならないですが(´・ω・`)

今でもまだ歩き乍ら涙ぐんだりして恥ずかしいです
でも読む人によっては愛情が無かったと感じることもあるようで、そこは仕方ないんだろうと思いますね
  • posted by ごぜん 
  • URL 
  • 2015.03/10 02:35分 
  • [Edit]

☆りんぽぽさん 

ちまを迎えたお店のサイトの卒業一覧にちまを見つけました
あのお店、今では空輸はしていませんね
そもそも仔猫の募集も毎年限定的にしかないですが…
ちまを迎えたことはしばらく隠していたのも懐かしいです
あの時はもしかしたら死なせてしまうかもって怖かった
でも思えばちまはちっちゃいときから強気でもありました( *´艸`)

ちまは賢かったけどやんちゃだったりで色々びっくりさせられもしました
そして飼い主は初期からちまを「ぶさいく」って言ってるんですよー
今読み返すと酷いなって思います( ゚Д゚)
素直じゃなくてごめん・・・て感じです(>_<)

同じような猫いっぱいいると思ってたですけど、キジ虎なのにそっくりさんはなかなか見つかりません
代わりを探しているわけではないですが、つい猫のいる場所では似た子が居ないか見てしまいます

もこもことぬいぐるみみたいだったちま
るるのようにはっきりと甘えた主張はほとんどなかったけど、よく私の足元に居ました( ;∀;)
眼を合わせたら瞬きを同じように返すのはちまだけでした
空気読まず無遠慮に私の上で眠っていたちま
今掛け布団は軽くなったけど寂しいです
  • posted by ごぜん 
  • URL 
  • 2015.03/10 03:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

ごぶさたしております。
しばらくブログめぐりもしていなかったので
たった今訃報に際し、悲しい思いで一杯です。
何度見送っても本当にこれで良かったのかって
後悔ばかりしますよね。

ちまちゃんに(耳が垂れてたら)ソックリだなと
勝手に思っていた我が家の猫も
1年前に他界しました。

未だにたまに夫婦でしょんぼりしています
特に夫はかわいがっていたし
間に合わなかったので。。

ちまりちゃん、沢山お世話してもらって
幸せだったと思います。
  • posted by 97。 
  • URL 
  • 2015.04/14 12:15分 
  • [Edit]

☆97。さん 

お互い辛いですね(>_<)
いない生活には慣れたのに、後悔が大きくて思い出すたびに何でもっと早く気付かなかったと考えます
体重もともと軽かったのに、スコなんだからもっと重くてもよかったのに受診したときにちゃんと相談してなくて
過去にも何度も偏食繰り返してるしと思ってました
4キロ以上あったらもう少し生きたのか、そのぶん長く苦しんだかわからないですけど

入院させた時、処置室に連れていかれる際のちまの表情を見て、選択を間違ったかなと思いました

ちまを迎えた時はスコという猫種に関心なかったんですが、似た表情や気質を考えるとちまに似た子を探してしまいそうです

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ru2chima.blog50.fc2.com/tb.php/219-c6bf7eee

Menu

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

プロフィール

gozen3

Author:gozen3
御前(ごぜん)と申しますよ。
猫3匹・鳥1羽を養ってかつかつな生活です。


掲載した画像・動画の権利は放棄していません。画像は原則としては個人で楽しむ範囲でお願いします。コラでも書籍転載(商用)などは不本意です。
画像掲示板における転載やコラを禁止してはいませんが、その場が荒れるようでしたら控えてほしいとは思います。


2つのランキングに登録しています。
それぞれ応援ぽちっと宜しくですw

人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログへ


お買い物は殆どネット…



天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。